四畳半インテリア大全

四畳半インテリア大全について

ようこそ、【四畳半インテリア大全】へ。【四畳半インテリア大全】管理人の別件場迂合です。当サイトでは「狭くても快適に」をコンセプトに一人暮らし向け物件の探し方のコツや、知っておくと便利な不動産の知識、部屋を広くおしゃれに感じさせるインテリアの配置方法などを紹介していきます。引っ越しや模様替えの参考にどうぞご覧になってみてください。

「四畳半インテリア大全」の記事PICKUP!

物納財産について
物納にあてることのできる財産としては、次の3つの要件を満たす必要があります。 ■@相続等により取得した財産であること(被相続人が所有していた財産であることつまり、相続人固有の財産を物納財産とすることは認められない) ■A日本国内にある財産であること ■B国が管理又は処分をするのに適した財産であること(賃貸用不動産で個別の入居者管理が煩雑なものや賃料等が滞納されているもの、または無道路地など売却(処分)が困難な不動産は物納が認められない) さらに、次の条件に該当する不動産は不適格と認定され、物納ができません。 1.質権、抵当権その他の担保目的となっている財産 2.所有権の帰属等について係争中の財産 3.共有財産。但し共有者全員が持分の全部を物納する場合を除く 4.譲渡に関して法令に特別の定めがある財産 5.買戻し特約、所有権移転の仮登記等のある不動産 6.売却できる見込みのない不動産(借地人が不明・無道路地等) 7.稼動工場の一部を構成する不動産等のように他の財産と一体して効用を有する不   動産 8.現状を維持するため、土留め、護岸の築造又はその修理を要する土地 9.境界が明確でない土地で、隣接地主から境界に異議のない旨の了承が得られない   土地 10.現に公共の用に供されている又は供されることが見込まれる土地 11.入会慣習のある土地 12.数年以内の使用に耐えられないと認められる建物 13.維持又は管理に特殊技能を有する劇場・工場・浴場その他の建物 14.土地の所有権を伴わない立木 15.借地・借家契約の円滑な継続が困難な不動産 ただし、物納申請後、一年以内に整備をすることによりこれらの要件を満たすこと ができる場合は、それを物納することは可能です。 どういう意味かというと、物納申請時に不適格財産・劣後財産とみなされるもので も、あとでその問題をクリアできるなら、物納が認められるということです。 例えば物納申請時に土地の境界の確定ができていなくても、申請後に境界が確定できれば問題はありません。 ※注意点として、この間は物納利子税(基準年利に連動)を負担しなければならないということになります。もし、最長一年以内に決着しない場合は、申請は却下され、利子税を負担して延納もしくは金納に戻ることになります。 この仕組みを相続に利用することで、「もともと不要な土地を、相続税として物納する」という選択肢が見えてきます。 不要な土地なら、相続税として収めたとしても大きなダメージを被ることはありません。

最新更新記事

プレシニア以降の女性

数字そのものが悪くても、データ公開の姿勢がある職場なら、あなたをはじめとする女性の努力で、事態が改善されていく可能性は高い。さらに、セクハラ対策が労務管理に出てくるような組織であれば、組織の規模に関係なく、女性を“働く人”として見ているといってよい。40歳以上の女性社員に関するデータ内容…全女性社員のうち、40歳以上の女性がどれだけの割合で働いているか。これはプレシニア以降の女性を取り巻く職場環境を知る、いちばんの目安になる。また、彼女たちのうち、いわゆる“生え抜き”は何人か、中途採用者はどれくらいいるか、入社の経緯や勤続年数は…?こうした点を調べてみれば、プレシニア以降の女性に対する組織の方針が把握できる。大企業の場合は、部署によって対応が大きく違うケースもあるので、そのような場合には、他部署の様子も把握しておこう。40歳以上の女性社員の働く姿と処遇…②に加え、その職場で働く40歳以上の女性社員について観察することも大切。ステイタスに見合った内容の仕事をまかされているかどうか。同期の男性と比較して、給与水準や昇進はどのようになっているか。上司との関係は円滑かどうか。正当な評価を得ているか。

常設電話相談窓口を設置

女性労働者のための団体…。労組や労政事務所に相談してもダメだった場合に、ここに駆け込んでくるケースが多い。女性のために設立されたこの団体はスタッフも全員女性なので、安心して相談できる。⑤地域の女性センター最近、自治体では相談窓口を持つ女性センターや、常設電話相談窓口を設置しているところが多い。自治体発行の地域ハンドブックや電話帳で調べられる。白旗振ってわが身を嘆くだけでは、状況の打破はとうてい見込めない。ちょっとやそっとの抵抗のポーズを示したところで、経営者は組織立て直しを最優先に、どこまでもリストラを進めていく。黙って引き下がって損をしたくないのなら、前述の相談窓口を振り出しに、決してあきらめないで自分から動くことだ。最初は電話相談だけでも構わないし、会社側のやり方が悪質な場合は、相談窓口に直接出向いて事情を説明することになる。こうした事態に備え、リストラを宣告されたら、証拠となるものを必ず保管しておくこと。

このページの先頭へ